閉経を乗り切るには|疲れた目を休ませることが大事|眼精疲労を防いで健康生活へ

疲れた目を休ませることが大事|眼精疲労を防いで健康生活へ

一家

閉経を乗り切るには

生薬

タイプ別に使う

更年期障害に役立つ漢方を用いる時には、自分のタイプを知ることがポイントになります。おおまかにわけると実証は体力がある血の気の多いタイプ、虚証は体力がない青白いタイプ、その真ん中が中間症になります。実証タイプの人で手や足は冷えているのにのぼせる、肩こりや腰痛がひどく便秘がある人は桃核承気湯を用います。精神的な症状、イライラすることがあれば柴胡加竜骨牡蛎湯を使います。中間証タイプであれば同じのぼせでも加味逍遥散や桂枝茯苓丸を服用します。虚証タイプの精神的症状には抑肝散半夏陳皮を、めまいや疲れには当帰芍薬散を使います。このようにタイプによって症状は同じでも違う漢方を用いることで適切に更年期に対処できるようになります。

未然に防げる

漢方を用いると何がいいかというと、更年期の症状が重くなる前に対処できることです。閉経を迎える時期に飲んでおけば更年期障害の症状が出るのを防ぐことができます。症状がまだ出ていないから飲んではいけないということはありません。西洋医学と違い、未然に防ぐというのが東洋医学の考えでありむしろ症状が出る前に飲むのはいいことです。漢方なので体への負担も少なくて済みます。我慢しがちでなかなか病院に行かず、症状が悪化してから行く女性が多いですがドラッグストアーや通販で気軽に購入できて飲める漢方であれば手を出しやすいです。気兼ねなく飲むことができます。そして総合的な身体の改善にも役立つので、なんとなく調子が悪いというときにも対処できるのが魅力です。